DMM WEBCAMPで学ぶ言語は?各言語の特徴も解説

ここでは、プログラミングスクールの「DMM WEBCAMP」でどのようなプログラミング言語が学べるのか、その一覧と内容を解説しています。

この記事を読めば、DMM WEBCAMPで学べるプログラミング言語の特性、できることについて理解できますので、ぜひ参考にしてください。

DMM WEBCAMPで学べる言語

DMM WEBCAMPで学べるプログラミング言語は、以下の4つです。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript(jQuery)
  • Ruby(Ruby on Rails)

HTML

1つ目はHTMLです。Hyper Text Markup Languageを略してHTMLといいます。

ブラウザを用いて表示されるWebページは、ほぼHTMLによって記述されています。言い換えれば、HTMLはWebページの設計図ですね。

HTMLは「タグ」と呼ばれる、テキストに意味を持たせるための印をつけます。見出しを付けるためのタグ、ページのタイトルを決めるためのタグなど、さまざまなタグを用いて記述されます。

このようにして記述されたHTMLは、ブラウザが解釈することによって、見やすい形で表示されます。解釈の仕方はブラウザごとに異なるため、同じHTMLファイルであってもブラウザによって表示の仕方が異なる場合があります。

HTMLはメモ帳で記述することが可能で、HTML形式で保存すればブラウザで開くことで動作確認することが可能です。特別、環境構築をする必要がないことから、初心者も手軽に学習可能です。

現在は、Wordpressのような分かりやすいインターフェースでWebサイトを作成できる仕組みが出来上がっていることから、一からHTMLを作成する機会は少なくなっています。しかし、細かいカスタマイズをするうえでHTMLの読解力や記述力も必要なため、転職するうえで必須の知識になってきます。

さらに加えると、後述するCSS、JavaScript、Rubyのような関連するプログラミング言語の知識も併せて必要になることが多いので、HTMLだけにこだわらずに幅広く学習する必要があります。

CSS

2つ目はCSSです。Cascade Style Sheetを略してCSSです。

CSSもHTMLと同様に、Webページを表示させるために用いられます。HTMLが、Webページの骨格を形成するのに対して、CSSはレイアウト、色使いといった見た目のデザインを決めるのに利用されます。

CSSは、HTMLで記述したなかのとあるタグ、またはクラス名、id名に対して、どのようなスタイルを適用するのかを記述します。例えば、pタグ(段落タグ)で記述したテキストの色を青にしたい場合は、「p {color: blue;}」といったように記述することで、pタグで囲まれた文字は青色になります。

このCSSファイルもブラウザが解釈して表示しており、ブラウザごとに表示の仕方が異なるため、作成する際にはブラウザごとの表示の違いに注意する必要があります。

JavaScript / jQuery

3つ目は、JavaScriptです。似たような名前にJavaというプログラミング言語がありますが、全く別物ですので注意してくださいね。

JavaScriptの基本的な役割は、Webページに動きをつけることです。Webページ上にあるボタンを押して、何かしらの結果を表示する処理、確認メッセージを表示させる処理などを実現させるには、JavaScriptを記述する必要があります。

やはり、JavaScriptもブラウザごとに動作が異なっており、開発するには注意が必要です。

また、JavaScriptは多くのライブラリが公開されているのも特徴的です。その中の一つに、jQueryがあります。このjQueryは、DOM操作(Webページを構成する各部品にアクセスして操作すること)を容易にできることが特徴で、多くのWebサイトで利用されているライブラリになっています。

プログラミング言語的な難易度は、比較的易しい部類に入ります。特別な環境構築が必要ないことが易しいポイントとなっています。

Ruby / Ruby on Rails

最後に紹介するプログラミング言語は、Rubyです。

Rubyは、主にWebサーバーで動作するプログラムを作成するために用いられます。Webサーバーの役割は、Webブラウザからのリクエストを処理すること、処理結果をWebブラウザに送信することです。

例えば、AmazonのようなECサイトを思い浮かべてみてください。検索欄に、欲しい商品名を入力して検索するとします。このとき、検索欄に入力した言葉がリクエストとして、Webサーバーに送信されます。Webサーバーは、リクエストされた言葉について、データベースを検索して該当する商品を探します。そして、検索結果(商品のリスト)をWebブラウザに送信します。

以上の例えでは、検索欄に入力した言葉に基づいてWebサーバーは処理を実行しています。

Webサーバーで用いられるプログラミング言語はいくつかあります。その中でもRubyは、構文がシンプルであること、また、Ruby on RailsというWebフレームワークの存在が特徴的です。Ruby on Railsを用いることで、効率的にWebサーバーの開発を進めることが可能です。

構文がシンプル、効率的に開発ができること、これらを言い換えると、覚える量が少ないということです。覚えることが少なければ学習コストも抑えられるということなので、初心者でも比較的容易に取得できるプログラミング言語といえますね。


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moto715hands/web-engineer-da.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moto715hands/web-engineer-da.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/moto715hands/web-engineer-da.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35